「おにぎりが食いたい。
できるだけうまいおにぎりを。」

時差ボケで早起きしてしまった週末の朝4時半。
人生最後の瞬間のようなフレーズが脳裏に浮かんだ。

おにぎりを美味しく食べるには。
うまい米。
うまい海苔。
うまい具。梅干し?おかか?
いや、なんだか違う。
おにぎりってそういうことじゃない。
(それもあるけどね)

cpt 2016-07-29 0.53.36

空腹だ。
気持ちいいくらいの空腹感が必要だ。
そして、外出。家に居たのではいかに
よい食材を誂えても、”携行食”たるおにぎりの面子がつぶれる。
外出+気持ちいい空腹感?

そうだ、山にいこう。

週末のひとり時間といえばもっぱら、
本、ビール、ジム、DIY、カレー、仕事・・・他がぱっと思いつかないけど
だいたいインドアライフを満喫している普通の中年男子にとっては
なかなか思い切った決断と言っては言い過ぎで格好わるい限りだけど
ひとりで行くなんてちょっと勇気のいる選択だ。

そこから、山関係の本をさがし、
心地よい空腹が得られそうなそこそこ難易度が高くて
冒険的なところがあって、それでいて危なくない山を探し、
持ち物をなんとかそれらしきもので揃えて、
山へ向かった。

選んだ山は1000メートルくらいの山。
初心者たる僕にはどれくらいの難易度なのか、
初〜中級というインターネットの情報を頼りにする他なかった。

cpt 2016-07-29 0.18.16
(コースつくるひとすごいですよね)

コースを間違えるし、ぬかるみに難儀するし、
片道2時間半の道程は、想定外。
とんでもない疲労と限界なる空腹感を与えてくれた。
空腹!
そう、そこだけは予測に結果がついてきた。

山頂。
霧でほとんど眺望はなかった。
いよいよ待ちに待ったおにぎりの時間。
おにぎり最高!
目的達成。
ついでに火を起こしてメスティンでおじやをつくる。
うまい。
なんて、あったかいんだ。

cpt 2016-07-29 0.17.35
(おにぎりをおじやにする)

その後は、膝に腰にじわじわくる
ぬかるみの下り。3時間かけて下山。
無事でよかった。

cpt 2016-07-29 0.18.32
(ストック大事!)

やっぱり山のごはんはおいしい。
海もいいけど、山は格別。
経営って孤独な悩みも多かったりするけど
お酒と対話してうじうじするより
山でぜえぜえ言いながら考えたほうが
すっきりした結論がでる。
ということできっと仕事にもいい効果しかないだろうから、
毎週行くわけにはいかないけど
徐々に難易度を上げながらたのしみたい。
(あぶなくない範囲で)