capture 2013-05-26 12.16.31(変換後)

ツクルバさんが新しく手がけられた神保町の「EDITORY」のトークセッションの
スピーカーとしてお招きいただきました。
テーマは「場」。
ハード面からアプローチするツクルバの中村さんの考える「場」と
ハード以外からアプローチするバウムの考える「場」について語り合いました。

「場」っていう考え方はとても汎用性が広いだけに
ふわふわとした概念として捉えられてる
というのが共通の認識。
僕らも持論はあるけど、
お互いアプローチが違うだけに足りてない部分があるのを知ってる。
だから、場ってなんなんだろうというのを
両社でつきつめていこうと思ってます。

capture 2013-05-26 12.17.08(変換後)

朝大学の受講生の皆さんにも多数ご出席いただき
ありがとうございました。